2010年05月27日

本当のような嘘話@

痛み、症状を取る治療を専門にやっていると、病院や他の民間療法で良くならなかった方が来られることも多くなります。
類似の治療法は色々ありますが、やはり整体関係が多いようです。
通っていたところを変えてまで当センターに来られる方は多くの場合「良くならなかったために変えた」わけです。
そして良くならなかった事に対して何らかの説明を受けていることも多く、その理由は大抵いい加減です。

その中で私が最もおかしいと思うのが「10年前から痛いんだから、治るのにも10年かかる」という理屈。
つまり、罹患期間と同じだけ、治癒にかかるという説明です。
「病気」など病理的な問題であればありうるかもしれませんが「痛み」は別に病気じゃありませんので・・・。
仰る方はこの理屈にどんな根拠があるのか分りませんが、全く理解できません。

では青柳カイロプラクティックセンターではどう考えるのか。
次回を待て!(笑)


AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター
http://www.aoyagichiro.com/
posted by hyagi7 at 13:46| Comment(2) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

世界で二番目の先生?

昨日は大学での研究治療でした。
最近は、患者さんが少し増えてきたので楽しみが多いです。
4月の終わり頃は、医師の切り替え時期で外来が混乱していて、ゼロって事もありましたから・・・。
3名の新任の先生方も既に順調なようで、今後はもっと回して頂けることと思います。

昨日初回で回ってきた患者さんが「あなたは世界で二番目の先生だ、と紹介された」と仰ってました。
もちろん一番はそれを話した先生だと思いますが(笑)
複数の先生から回ってくるので、どなたが仰ったかは分りませんが、冗談でも医師からそう言われて悪い気はしません。
こういう場合は患者さんの期待度が非常に高いので、ハードルが上がってること自体は喜んでいいのか微妙ですが・・・。
まぁ、プレッシャーをかけて治療をする、と言うのは腕を磨くにはいいことです。

最近思うのは、良くなった、ならないにかかわらず、「(大学)病院で」「(医師が信頼する)手技のスタッフがいて」「施術を受けられる」と言う事に非常に満足して下さっている方が多いということ。
とかく、病院では手術適応でない慢性患者さんには、薬を出して「あとは付き合っていくしかない」と言うような事を言われるようです。
そこに一枚、カイロプラクティック(手技療法)が絡むことによって、患者満足度が非常に上がっているように思います。
紹介してくれた医師に感謝し、カイロプラクティックと言う(未知の)治療によって、症状が良くなるかもしれないという期待を持っています。

病院には治りたくて来る方が多い(そうでない方も結構いますが)ので、患者に希望を与えるというのはとても重要です。
そして、私も一応、由緒正しい医療人(のつもり)ですし、カイロプラクティックは世界的には言わずと知れた「医療」です。

今は研究中なので無料ですが、仮に少々お金を取っても文句を言う人は少ないと思います。
院内カイロプラクティックは医師、カイロプラクター、患者、誰も損をしない、素晴らしいシステムだと思うのですが・・・。
いつか、整形外科(もちろん他科も)と共同で治療にあたれる日が来る事を願って、日々頑張っております。
本当に世界で二番目になれるように(笑)


AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター
http://www.aoyagichiro.com/
posted by hyagi7 at 10:51| Comment(1) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

腰痛ゼミin福島

私の所属する腰痛撲滅を目指す団体GLNの無料公開ゼミのご案内です。

http://www.green-light.jp/semi_2010.htm

場所は福島県郡山市。
担当は先輩でもあり、友人でもあるHANDS-ONカイロプラクティックの馬上先生です。
私も一応、参加します。
準備が進んでいるかどうかは分りませんが、デモ治療時間も取れそうと聞いてますので(加われれば)参加し、希望者全員治療したいと思います。
定員はたったの10名ですし。
Dr.Fuhrなら一時間かからない人数です(笑)

会の主旨は、腰痛に対する新しい(正しい)考え方を知って頂こうというものです。
今の腰痛に対する整形外科医療、民間医療、社会的通念には科学的に見て誤りが多い事が分ってきています。
日本は特にEBM(根拠に基づいた医療)を声高に掲げながら、腰痛に対しては根拠のない治療を延々続けているのが現状です。
みんなが見て見ぬふりをしています。
じゃぁ、誰か伝える人が必要ではないか、と言う事でささやかながらゼミをお手伝いしています。

今年度から、ゼミは無料になったようです。
タダより怖いものはない!と疑われるかもしれませんが、勧誘、物販等営利目的の事は行いません。(少なくとも横浜ではやってません。)
以前、他の無料セミナーに潜入し、その後の高額セミナーへ参加させたり、高額な物販の手法を見て来ました。
お年寄りを相手にした非常にあくどい商法で、怒りを覚えました。
そんな事をするようなら私は即座に脱会します(笑)
そもそも、(だます対象である)お年寄りの参加をあまり期待してないと思います。
理解力があり、誤った治療で腰痛が治らず困っている働き盛りの世代の方に聞いて頂きたい内容です。

腰痛にお困りの方、是非、ご参加下さい。
お問い合わせはお早めに。

AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター
http://www.aoyagichiro.com/ 
posted by hyagi7 at 10:31| Comment(1) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする