2010年09月29日

研究ページ完成!

昨日は横浜朝から大雨で、キャンセルの方が多く、若干ヒマしてしまいました。
雨に負けてるようではまだまだだと反省しましたが、この機会に、とかねてから気になっていた研究論文をHPにアップする作業を行いました。

一口にアップと言ってもなかなか大変で、ワードデータのままでは切り貼りはうまくいきません。
書き直すのは現実的ではありません。
文字だけならやる気になりますが、グラフや表があるので、面倒なんです。
さぁどうしようと国井先生に相談した結果、PDFファイルに変換したらいいのでは、と言う話になり、まずはフリーソフト探し。
いくつかダメだったのち、良いソフトが見つかって、変換は完了。

その後、どうやってアップするかの方法が分らず四苦八苦。
それも国井先生が解決して下さり、何とかできるようになりました。
新しいページで開かないのがまだ多少不満ですが、非常に良い出来になりました。

今のところ、アクティベーターメソッドの国内での他の論文(抄録)を知らないので、完全に手前味噌なのですがぜひご覧頂ければ幸いです。
もし他の研究抄録をお持ちの方がおられましたら、ぜひご一報下さい。

慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜市中区
(こちらから入って、「アクティベーターの研究」と言うページに飛んで下さい。)


AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター



posted by hyagi7 at 11:35| Comment(1) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

ホットペッパー開始!

昨日配布開始のホットペッパー横浜版に当センターが載っております。
小さい広告ですが、なかなか良い出来だと思います。
是非ご覧下さい。

この時期限りの激安価格になっております。
初回通常7000円の所が3000円です。(施術者の選択はできません)
カイロ+リフレコースも初回通常9000円が4800円です。
とりあえず「私なら行く」という価格設定にしてみました。
来月どうするかは分りませんので、この機会をお見逃しなく!

最近はネットページを作ってくれて、ネット予約もできます。
こちらもご覧ください。
http://beauty.hotpepper.jp/kr/svcSA/macAQ/grcGR02_pmcPMA007/


AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜市中区

posted by hyagi7 at 11:54| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

いよいよ夏も終わり

長かった夏も昨日の真夏日、今日の雨を持って終了のようですね。
9月も下旬だと言うのにオフィスはエアコン全開。
かなり異常ですね。
特に昨年は涼しかったので、余計おかしく感じます。
色々記録を作った夏のようですから記憶に残ると思います。

今日は祝日の上、横浜は大雨予報です。
リフレもお隣もお休みで一人を満喫中です(笑)
若干ヒマしてまして、まだ予約枠が空いております。
急なご予約は雨が強くならないうちに、お早めにお願いします。


AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜市中区

posted by hyagi7 at 10:18| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

謎の新患?!

夏休み中は電話を転送ではなく、留守電にしていました。
数件の入電がありましたが、その中に初めてと思われる方からの電話がありました。

もう3日経っていましたが、一応、謝罪も兼ねてかけました。
留守電に残されていた番号に電話したのですが違う人にかかってしまいました。
かけた番号はディスプレイ表示されますので、何度か確認しましたがどうも間違っていません。

自分の携帯番号を間違えちゃったのでしょうか?(笑)
だとするとこちらからは連絡が取れないです。
もし、これをご覧になったら申し訳ありませんが、再度ご連絡頂けますようお願い致します。

留守電に入れたのに連絡がない、というケースは(まず無いですが)番号が誤って伝わっている可能性があります。
無視した訳ではなく、やむを得ない事情があるとご理解の上、是非、またご連絡下さい。


AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜市中区

posted by hyagi7 at 15:34| Comment(1) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

患者死亡「問診が不十分] 患者死亡「問診が不十分」

医療ニュースより

初診開業医に賠償命令
患者死亡「問診が不十分」

>髄膜炎の症状を見過ごされ、治療の遅れから転院先で死亡したとして、診療所(閉鎖)の50歳代の男性医師に慰謝料など約7500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が地裁米子支部であった。
裁判長は「十分な問診と、設備の整った医療機関への移送を怠った過失があった」として、医師に約5600万円の支払いを命じた。

>判決によると、男性は2001年12月、高熱や嘔吐(おうと)の症状を訴えて初めて同診療所で受診。解熱剤などを処方されて帰宅したが、症状は悪化し、翌日に救急搬送された病院で細菌性髄膜炎と診断された。その後、意識が回復しないまま、転院先の病院で05年1月に多臓器不全で死亡した。

>診療所では、感染症検査などを外部に委託しており、裁判長は「髄膜炎と断定することは困難だった」としたうえで、「髄膜炎を疑って特有の症状を確認するなどし、病院での検査を勧めていれば死亡は避けられた」と判断。一方で「過失がなくても後遺症が残った可能性がある」として損害額の3割を減じた。

>原告側の弁護士は閉廷後「初診患者に対する問診の不十分さと死亡との因果関係が認められるのは極めて珍しい。初診の重要性を開業医に投げかける判決だ」と話した。
被告側の弁護士は「短時間の診療で髄膜炎と見抜くのは難しい。医師と相談し、控訴を検討する」としている。

これは遺族には当然と思えるかもしれない判決ですが、医療提供側からするとかなり恐ろしいことです。
髄膜炎の臨床症状がどんなものか分りませんが、問診で鑑別できるものなのでしょうか?
高熱、嘔吐で来たら、風邪か何かを疑うのが普通ではないでしょうか。
それでなくても初診の患者さんに「いますぐ設備の整った病院へ行け」と言うのはなかなか難しいと思います。
翌日に救急搬送されていることから、様子を見る時間は全くなかったことになります。
初回一回のみの診察で命の危険まで判断するのは、かなり難しいことだろうと思います。

カイロプラクティックは日本の制度上、医療ではないので、このような事に巻き込まれる可能性は少ないですが、無いとは言えません。
私は整形等で診断を受けていない方で、数回治療しても全くダメな場合はなるべく早く医療機関を受診してもらいます。
今までも腸腰筋膿瘍、骨盤骨折、膠原病、水中毒など、明らかにカイロ適応外な様々な疾患を手遅れにならずに医療機関に送っています。
中にはもう少し遅ければ死に至った可能性のある方もおられました。
治療一本、他所で良くならなかった方を専門に診てますので、稀に危ない事もあります。
一応注意はしていますが、経過によって判断するケースも多々あるので、初診で全て鑑別するのはハッキリ言って無理です。
初診で腰痛で来られて、実は微熱があると聞かされて、即、腸腰筋膿瘍を疑って血液検査を勧められる医師なんてそうはいないと思います。
それだけにカイロも本当は医師と共同で治療にあたり、医師の指示の下であれば月数回は保険が使えるような制度になればいいのですが。

医師は命を預かる仕事とはいえ、一回こっきりでなかなか見極められるものではない。
初診時の判断ミスが医師の責任だと認められるのは非常に珍しいですし、酷な気もします。
恐らく控訴すると思うので、今後の経過を注意したいと思います。


AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜市中区

posted by hyagi7 at 14:24| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

薬のアレルギー反応か・・orz

高熱を出し、お留守番となった長男と私。
今頃、青い海、白い雲だったはず・・と思うのは未練がましいでしょうか(笑)
置いて出るわけにも行かず、一日家の中でやることも無く暇なので、熱の原因を探しました。

熱の原因はアレルギー関係と出ます。
しかも薬物関係。
「飲ませとくように」と置いていった薬は4種類。
うち、2種類に反応、1種類は必要なしと出ます。
むろん、薬嫌いの私が飲ませるはずがありません(笑)
ただ、残りの一種類だけは必要と出たので、やむなく昨晩飲ませましたが。

一夜明けて・・・平熱・・・。
昨日の昼まで39.5℃もあったのに・・・。
単なる薬の飲ませすぎ。拒否反応でした。
どおりで熱の割りに元気だと思った。

思えば、先々週末あたりから風邪を引いたみたいなのですが、旅行のことを考えて薬を飲ませまくっていたのを横目で見ていました。
(文句言うとうるさいので・・)
結局それが裏目に出て、当日高熱で中止。
何のための投薬なんだか・・・。

まだ熱の余韻で疲れが出ている感じですが、今の状態なら行くだけなら余裕で連れて行けます。
もうちょっと早めに私が診ていればと残念です。
先週末は飲み会があったり、遅くまで予約が入ったりと子供の起きてる間に帰れなかったのがまずかったですね。

「薬は風邪を長引かせる」と言うのは今や科学的根拠のある常識です。
しかも今回のように、処方どおりとは言え、過剰に飲ませたら却って良くないだけ。
元々、人間は自然治癒力があるんですから少々の風邪は栄養とって休んでればいいんです。
子供は特に治癒力が強いんですから、薬なんぞ要らなかったのに・・・。

紺屋の白袴とはまさにこの事。地味にショックです(笑)
まぁ、明日には元気になりそうなので、どこか出かけようと思います。
皆様も薬の飲みすぎ、飲ませすぎにはご注意を!


青柳カイロプラクティックセンター
http://www.aoyagichiro.com/
posted by hyagi7 at 13:01| Comment(1) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

夏休み終了・・・

今日から夏休みでつかの間の海外へ行く予定でしたが、下の子が高熱を出し終了・・・。
二人で留守番となりました。

なんてこった・・・(泣)
この何も無い家で4日間、風邪っぴきの子供連れて何をしようか・・・。

http://www.aoyagichiro.com/
posted by hyagi7 at 12:00| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

夏休み

いよいよ夏が終わるようですが、私は明日から水曜日まで遅めの夏休みを頂きます。

オフィスは火曜日午後に国井先生が出勤予定です。
リフレは通常通り14時〜予約受付中です。
よろしくお願いします。

火曜以外の時間は留守電にしておきます。
16日以降にご連絡しますので、詳細をお願い致します。

AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜市中区

posted by hyagi7 at 17:16| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

連敗脱出! 連敗脱出!

昨日は、患者さんから横浜スタジアムのオーナーシートを頂いてしまったので国井先生と観戦に行ってきました。
仕事が終わったのが19時半過ぎだったので、着いたら20時になってしまいましたが、まだ5回裏で珍しく6-4で横浜リード。
どちらも先発はいなかったです・・・。

「きれいすぎる売り子」さんを見るという不純な目的もあり(笑)、初めて3塁側オーナー席に入りました。
周りは巨人ファンばかり。後ろのおじさん、負け試合に怒り心頭でした。
オーナー席なのに、何で相手方が多いんでしょうね?不思議なもんです。
まぁ、気にせず応援してましたが。
席は心なしか一塁側よりも見やすい気がしました。

結果は今ネットでみたら10-7で横浜勝ち!
8回裏で10-4になった時点で勝負ありと見て帰って来ましたが、その後3点も取られたんですね〜。
危ない試合してます。
一昨年から続いた観戦連敗記録は8でストップ。
やっと景気のいい試合が見られました。
試合がほぼ決まり、誰もが村田の一発を期待した場面、フルスイングで答えた村田さん。
結果はボテボテの3塁前内野安打。
どこにどうやって当たったんだ?あれは忘れられません(笑)

今シーズンもう残り少ないですが、筒香選手が一軍昇格決定と言う事で、もう一試合くらいは見に行こうと思います。
なんせ、まだ友の会のチケット2枚しか使ってない・・。

ちなみに「きれいすぎる売り子」さんはオーナーシートまでは来られませんでした。
自由席担当なのかな?
遠めに見かけた時には外人さんと記念撮影してました。
さすが大人気ですね〜。
私も今度撮ってもらおうかな(笑)

久々、いい試合で楽しかったです。

AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜市中区

posted by hyagi7 at 10:17| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

肩こり最前線?(By NHK)

今日はお休みで、朝から「げげげの女房」を見た後、スッキリ!に突入しました。
いきなり出てきたのは「肩こり最前線」!!。
興味深く見よう、と思ったのですが・・・内容がまぁヒドイ。

最初に出てきた整形外科医は「姿勢のせいです!!」
まだそんなこと言ってるのか、と呆れてしまいました。
隣にいた内藤剛志さんや山口もえさんは姿勢が悪いのに肩こりなし。
イノッチは医者が診て姿勢がいいのにヒドイ肩こりだと言います。
その説明(言い訳)もなし。
姿勢で肩が凝ると言う科学的根拠もなし。
治療法もおざなりなバンド装着と運動で、やらないから痛いんだと言う強引さ。
肩こりを舐めてるとしか思えませんね。
そもそも肩こりなんて病気じゃないし、医者が保険使ってみるようなものではない。
そんな事を許してるから医療費が高騰するんですよ(笑)
ヨーロッパガイドライン等で従来の腰痛治療が否定され、最も多いという「腰痛」で食えなくなってきたから、次に多い「肩こり」を慌てて研究始めたのが見え見えでした。
今更、姿勢と症状の関係をいくら強調したって無理。強引過ぎます。
これ以上、ウソで患者を洗脳しないで下さい。

次に出てきた理学療法士、ストレスと肩こりの話は多少興味を引く部分もありましたが、全体に全然ダメ。
最後に「笑いヨガ」で治す、という紹介がされていました。笑いが健康にいいのはもちろんですから、取り組み事体は面白いと思いますが、あれをヨガといったらマジメにヨガやってる先生は怒ると思いますけど・・。

ニュース番組の1コーナーとは言え、天下のNHK.
45分も裂いて特集組んでその程度ですか?
ほとんどが嘘っぱちな情報を垂れ流して良いんでしょうかねぇ?

ハッキリ言って、体操やストレッチやらせて治すんだったら誰でも出来ますよ。
再発したのを患者のせいにして、体操しないから悪いというのは簡単です。
体操しなくても、悪い姿勢をとっても、何をしても症状が出なくなるようにするのが本当の治療です。
それが可能なのが、アクティベーターカイロプラクティックであり、心身条件反射療法です。
肩こりも随分治療してますが、病気でも痛みでもないので研究する気が全く無く、統計取ってませんね。
大体の感じでは、オフィスを出るときの改善率は95%を越えるでしょう。ほぼ100%です。
何をしても肩こりがない、又は大して気にならなくなったという定着率は5割はゆうに越えると思いますが、8割はないと思います。
腰痛は数回治療後の定着率自体8割以上ですから、それだけ肩こりの治療は難しいんです。
なぜかといえば、ストレスと思い込みが絡んでいるからでしょうが、それは別の話。

肩こりと言うのは「概念」です。
病気でも症状でもない、タダの概念。(痛みがある場合は別)
アメリカ人には肩こりが無いと言いますが、肩こりの概念を持たないから凝った感じがしないのだと思います。
「概念」とは、いわば「感じ」です。
それを感じているのは「脳」です。
と言うことはどこを治療しなきゃいけないか。

時代はまだ追いついてきそうもないですね・・・。


青柳カイロプラクティックセンター

http://www.luckychiro.com/

http://www.aoyagichiro.com/

posted by hyagi7 at 09:55| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

進化論

昨日、読んだ経済系の雑誌に進化論の一節が載っていました。
「生き残ったのは強いものでも賢いものでもない。環境に適応できたものだけだ。」

まさに経済の分野でもそうなのでしょう。
私も小なりとはいえ、経営してますので思う所はあります。
環境は日々変わります。
顧客のニーズも変わっていくのでしょう。
それに対応できなければ淘汰されてしまうのでしょうね。

施術者のウデも知識も大したことなくても、治療効果があまり無くても、流行っている治療院はあります。
逆に非常に勉強家で知識は素晴らしく、ウデもそれなりで患者の多くが症状が取れているにも関わらず、あまり流行らない治療院もあります。
うちも今のところ後者に近いですが(笑)

それは「アクティベーター(カイロプラクティック)」「治療家」という所にこだわりすぎて、環境(顧客ニーズ)に適応しきれてないのかもしれません。
まだアクティベーター=(民間)医療 という認知度がないため、環境が成熟していない可能性があります。
当センターは「痛みを取る」「症状を改善する」という所をメインにして、癒しはほとんどないですが、癒しのニーズがある事を承知しながらも「アクティベーター=いいもの」が認知され環境が整った時に一気に行くために敢えて治療一本にしています。

環境に適応するのではなく、適応させようとしているので進化論からいけば絶滅種になりそうですが(笑)
その辺は無理そうなら臨機応変に行こうと思っていますので大丈夫だと思います・・・。

たまには違う分野の記事を読んでみるものですね。
とても勉強になりました。


AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜市中区

posted by hyagi7 at 10:51| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

血液データの改善

当センターにはリウマチの患者さんもおられます。
リウマチを治す目的ではなく、関節の痛み治療で来られています。
リウマチがあっても、関節の痛みやこわばりが改善するケースが多く、可動域が改善することもあり、喜ばれています。

アクティベーターは全身治療で、関節の問題はもちろん、自律神経系にも作用します。
当然、ホルモン系などにも影響を与えるわけですが、リウマチのような自己免疫疾患の血液データが改善することがあります。

先日来られた方もリウマチ因子、MMP-3に続いてCRPまでも正常範囲内に収まったとのことで医師にも驚かれたそうです。
「やっと薬が効いてきたね〜」とは医師の言葉らしいですが、どうでしょうかねぇ(笑)
何年もの間、殆んど効かなかった薬がいきなり効き始めたとしたらなんでだろう?と思わないんでしょうか?

まぁ、当然のことながらアクティベーターカイロプラクティックとの因果関係は証明できず、偶然と言ってしまえばそれまでですが、患者さんはそうは思ってないようです。
薬が減らせそうだと言う期待も出て来て、見た目にも非常に元気になりました。

病理的な問題や薬の効き目の問題は、良くなるとは言えず非常にデリケートなのですが、改善の助けになる可能性は十分あります。
医師にさじを投げられた原因不明の血小板減少が2か月で改善したケースなどは典型的とも言えます。
(他に改善しなかった例がないので、率は100%です(笑)
原因不明と言われた膠原病が血液検査上、ほぼ完治した方もおられました。

どうして良くなるのかも証明は難しいですが、やはりアクティベーターが自律神経系に効くのがいいんでしょうかね。
もし血液データの問題でお困りの方がおられましたらアクティベーターカイロプラクティックを試してみてください。

AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜市中区

posted by hyagi7 at 16:34| Comment(1) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

HPのチカラ

最近、HP(ホームページ)を見て来て下さる方が増えて来ました。
ここのところ、毎日のように来られます。
新しいページを徐々に立ち上がって来たから・・・だったら嬉しいのですが、まだ海で溺れています(笑)
ようやく検索エンジンに何かしらで引っ掛かるようになっているようですが、まだまだ。
未だに旧ページからの来院が多いようです。

ページ自体は何も変わっていませんから、何が変わったのかと言えば、私の意識だと思います。
新しいHPを作っているのも、もっと多くの方にアクティベーターを知ってもらって、健康になってもらいたい(オフィスに足を運んでほしい)という思いからです。
新HP作成を頑張る⇒HPからの新患を期待する⇒旧ページに引き寄せる⇒実際に来院される という具合に引き寄せの法則が働いていそうな気がします。
2回でほぼ完治した方もいれば、どこへ行ってもダメで徐々に改善して継続ケア中の方、医師にいじめられて困っていた方など、役に立てていると思える方が多く来院され、嬉しく思います。

来月にはホットペッパーに再度挑戦することにしたので、さらに予約電話が鳴りっぱなしかもしれません(笑)
今は3人いるので、みんなでバリバリ頑張ろうと思います。


AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜市中区

posted by hyagi7 at 16:47| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

虫が入っていたら・・・

先日、某有名なとんかつ屋さんでお昼を食べていました。
始めてはいる店だったのですが、チェーンなのでまぁ、気兼ねなく入りました。

ランチを頼むと「105円で大根おろしがつけられま〜す!」というので、つい頼んでしまいました。
この一言が事件のきっかけで・・・。

大根おろしは山状に固められて出てきました。
しょうゆをかけて崩して食べていくと・・・なにか黒いツブツブが出てきました。
大根おろしにゴマ?新しいな、と思って、よ〜く見ると、得体の知れない虫さんがお亡くなりになっていました。

かつは食べ終え、ご飯、みそ汁もおかわりし、残るは大根おろしとキャベツのみ。
ほぼ食べ終わった状態での発見です。

こんな時、皆さんはどうしますか?(笑)
私はこうみえて結構ビビりなので、あまり言えないんです。
先日も某牛丼屋で普通に入ってましたが、何も言わずに食べ終えて出てきましたし。
そもそも、田舎もんなのか、虫さん自体が大して気にならないんですね。
死んだ小虫を少々食べたって何が起こるわけでもないですしね。

乗る予定の電車まで10分以上あり、暑いので食休みしながらどうしたものか考えていました。
「完食しといて虫がいたなんて、単なるクレーマーと思われないだろうか」
「でも、もし気にするお客さんに入ってて大騒ぎになるよりは言ってあげた方がいいのか」
「いやいや、やっぱり周りの人もいい感じしないだろうし・・」
「どうしたもんかなぁ・・・」等々・・・。

結局、隣の席が空いて、他のお客さんには気づかれそうも無くなったのと、やはり自分が経営者なら事故は事故として言ってもらった方が今後の対応しやすいと思ったので、店員さんに確認してもらう事にしました。
奥から偉いさん?がすっ飛んできて、お詫びされましたが、対応としては当たり前なんでしょうがそれが少々気まずいんですよね・・・。
料金はタダにしてくれると言うので、申し訳ないと思いつつ、お言葉に甘えました。

また近いうちに行かねばと思いましたが、そんな逡巡をしたせいか、お腹が張っちゃって・・・緊張したんですね。
ストレスになるくらいなら、さっさと帰れば良かったかなぁ(笑)


AMCT&PCRT 青柳カイロプラクティックセンター


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜市中区

posted by hyagi7 at 11:16| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする