2011年11月24日

腰痛学会報告会終了

昨日、9月に行われた第19回日本腰痛学会の報告会を行いました。
場所は中華街:翡翠楼新館。
グリーンの翡翠チャーハンが名物ですが、あまり売れませんでしたね(笑)

今年は骨粗鬆症がメインテーマだったので、我々としては多少、面白みに欠けましたが、それでも十分色々な研究が聞けて良かったです。
その一部を来て頂いた皆様にはご紹介させていただきました。

慢性腰痛を『生物・心理・社会的症候群』として捉え、治療していこうという整形外科としては新たな考え方が出てきていますが、まだまだ方針等不透明です。
今後の進歩が期待されます。

GLNの会員の皆様には後日、レポートが届くはずですが、一部編集してのお届けになろうかと思います。
裏話等をお聞きになりたい場合はぜひ、報告会にご参加ください(笑)
来年は11月に神戸での開催が予定されています。

とりあえずひとつ仕事が片付き、次は第2回被災地ボランティアです。
それに伴い、28〜30は休診となりますので、よろしくお願いいたします。

なお、29日はファインカイロの国井先生が代診して下さいますので、たまには他の方の治療を受けてみたいな〜と思われる方は下記までご連絡下さい。

http://fine-chiro.com/
posted by hyagi7 at 15:51| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

AMセミナーに行ってきました

土曜の午後と日曜日、今年最後のAMセミナーに行ってきました。
例年通りの盛況で素晴らしいと思います。
第一回被災地ボランティアの活動報告もさせて頂き、来週からの第二回のために2名の先生が義援金をご用意下さり、ANJ本部からは交通費が出ることになりました!
これでかなり負担が軽減します。
この場を借りて御礼申し上げます。

また、今回、私が少々指導した2名が認定試験を受験し、見事合格しました。
今日から同じ認定治療師として、AMの看板を背負っていくことになります。
私も一層頑張っていこうと思います。

実技では下肢長検査をしっかりやり、ずいぶん恥をかいてきました(笑)
まぁ、いつもはお山の大将ですから、こういう機会に指導してもらうのは貴重なことです。
新たな意識で治療していこうと思います。

ただ一つ、実技最後のケースで、どうしてもうまくいかず、何か根本的におかしいと思うことがありました。
なぜかと考えたところ、自分の中では少し解決したので、今後同じような疑問を持つ方もおられるかもしれないので参考までに書いておきます。

[問題の現象]
受講生がうつぶせになり、検査開始。

インストラクター
「この方は骨盤が安定しているので下肢長はイーブンです。それで反応を見てください。」


どうやっても左の短短(P-2)で出てしまう。
アイソレーションするとさらに左が短くなり、反応は出ているが極端すぎる。
ニュートラルがおかしいとの指摘を受けた。

なぜか?
ひとつには「うつぶせになった時点で骨盤が安定しているから下肢がイーブン。」というのはテキストにはない状況であり、私の中で過去に存在しない事例であったため混乱をきたした。
患者がうつぶせになった際のマニュアル上の可能性は、P-1.2.3しかなく、うつぶせになった状態で下肢がそろっている状態はP-3しかありません。
しかし、恥骨は反応しない。
ということは、メソッドの何にも該当しない、通常ありえない状況です。
それに気が付かないほど緊張していたのも恥ずかしいですが、私の無意識の中では、骨盤が安定している⇒腰椎の矯正から⇒ポッシビリティ2 であると認識していたものと思います。

先入観と考えるとあまりいい気はしないが、冷静に考えればP-2以外あり得ない状況で、そういう意味ではP-2として反応していたのは私の現在のレベルとしては当然でしょう。
このようなケースでは「骨盤までの異常を検知する」というマインドセットで検査をすればイーブンで出たのだろうと思うが、過去にない状況であり、さすがにいきなりは無理です。

何も矯正してない状態で「ニュートラルな下肢長」をどう再現するかは難しいですが、見るべしと言われたら「この方の何の反応もない正常な下肢の状態を再現する。」というマインドセットで臨むとよいのではないでしょうか。

posted by hyagi7 at 20:45| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

麻雀に流れはないのか?

先日、『科学する麻雀』という本を読みました。
今は懐かしい「東風荘」という麻雀サイトから数万局を集め、統計学を駆使して最善の打ち方を探るという本。
確かに理に適っていると思う事も多く、みんながこんな打ち方をしたら勝つのは大変だ〜、と正直言えば思いました。

私は実は結構な雀師で、中学高校時代は覚えたてのころを除いて小遣いに不自由せず、フリー雀荘デビューは18歳。
大学時代は仲間内で負けまくった知人の代打ちに呼ばれ(学生レベル)、半荘2回連続トップの上、そこのボスを叩きのめし(これはたまたま)、相手から「借金はもういいから帰ってくれ」と言われた事も(笑)
社会人になってからは滅多に打ってないですが、最後に元同僚に誘われて打った時はレート100円だったにもかかわらず、場台、鮨代、飲み代など全部払った挙句に40Kくらい余った記憶があります。
過去最大の大勝だったでしょうね。
と、自慢入りましたが(笑)、本題。
本書では麻雀に流れはない、と断じています。

本当に流れはないのか?
流れ論者を論破した報告がそれこそ自慢げに載っていたが、無いわきゃない(笑)
が、科学で証明は難しい。
私が思うに、流れの本質は人間同士のエネルギーのやりとりである。
ツキも流れの一部だろうと思う。
それは測定器があるわけでもなく、数字があるものでもない。
まさに『感じる』領域であり、科学はまだ入っていけない。
ゆえにネットゲーム上でどれだけデータを集めても無意味な世界。

ネットゲーム上に限って言えば私も流れは殆どないと思う。(見る努力もしないし)
単にコンピュータの偏りがあるだけ。
ただ、東風荘のデータだって、金が掛ってるのと遊びとでは切る牌も狙いも違う。
ガチの勝負に必ずしも使えるデータではなかろうと思う。

私は代打ちを何度か頼まれた事があるが、負けた事は無い。
それは相手は普通の連中だからだ。
相手も代打ちならば実力で勝ったとしてもなかなか100%勝てるものではない。
(これは昔の真剣師(将棋)の話からしてもよ〜く分かる。
将棋なんて実力が2枚違えば本来絶対勝てない。それを勝つのが人のエネルギーである。)

こちらは引き受けた以上メンツが掛っているし、そもそも頼んでくるヤツは相当負けが込んでいる。
何とかしてやろう、絶対勝つんだというエネルギーが、実力以上に流れを呼び込み勝たせるのである。
そして僅かばかりの小遣いと大きな達成感をもらうのである(笑)

書いていて気がついたが、治療家も同じようなものかもしれません。
「治る」のは患者自身のエネルギーの改善であり、治療家の「絶対治す」「こうすれば治る」というエネルギーに触発されて実際に治っていく。
別に技術で治しているわけではないのですね。
どんなに技術が優れていても、自信が無かったり、治したいというエネルギーが無ければそうそう治るもんではないと思います。
逆に、それさえあればテクニックなんてなんでもいい。大概の患者は治るはずです。
まぁ、私は当分アクティベーターを離しませんが(笑)

AMCT&PCRT 横浜・腰痛治療 青柳カイロプラクティックセンター旧HP


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜・横浜市中区

posted by hyagi7 at 19:43| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

第2回被災地ボランティア・ケア

第2回被災地ボランティア・ケアにいく事にしました。

期間:11/27〜30

活動:アクティベーター治療を用いて被災地(仙台近郊)の方のケアをする

参加条件:ANJ公認セミナーに参加した事のある方

現在、人員募集中です。
車でいきますので、往復のってもいいですし、仙台駅までは送迎可能です。
ご興味ある方は是非、ご連絡下さい。
詳しい事をご連絡致します。


AMCT&PCRT 横浜・腰痛治療 青柳カイロプラクティックセンター旧HP


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜・横浜市中区

posted by hyagi7 at 10:59| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

にぎわい座にて

最近ちょくちょく出かけています、にぎわい座。
先日も有名会を見てきました。

有名会とは、まぁ、ちょっとマイナーな芸人さんが6.7名出てきて芸を披露します。
落語だけでなく、他の芸人も混ぜられているのが特徴で、前回はコントとパントマイムでした。

コントは見た事もないおじさま達でしたが、とても面白く、当日一番受けたのではないでしょうか。
ちょっと噛み噛みでしたが(笑)

パントマイムは初めて見ましたが、面白いものですね。
想像力をかき立てられるのは落語も同じですが、視覚でとらえるので分かりやすいし楽しいです。
子供に見せたいな、と思いました。

落語は印象に残ったのは『饅頭怖い』。
まぁ、有名な話ですよね。
落ちはしっていても、なかなか通して聴く事は少ないので良かったです。

来月は歌丸さんと円楽さんの二人会があるのですが、発売翌日で既に1階席は取れず。
2階を2席買ってきました。
さすが、地元の歌丸師匠、大人気です。

明日も午後から若手落語家の競演会。
脳のリフレッシュに行ってきます〜(笑)
posted by hyagi7 at 11:44| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

全国一斉腰痛患者撲滅キャンペーン

昨年もご紹介しましたが、グリーンライトネットワーク(GLN)というボランティア団体があります。

今年も11月1日から全国のGLNの会員が一同に協力して、正しい情報をお伝えしようとキャンペーンを行っております。

興味がある方は是非、こちらのサイトをご覧ください。

http://www.green-light.jp/

今年は当センターの患者様に直接配るのではなく、良く行くお店に置いてもらったり、オフィスの外に出して持っていきたい方に持って行ってもらおうと思っています。

当センターに来られている方は私がよくしゃべってる事ですから今さらですものね(笑)
待合には置いてありますのでご自由ににお持ち下さい。

最近は単に慢性腰痛の方よりも、アルコール依存症とか産後の異常とか、メンタル系の問題など、一般的に難しい患者さんが増えてきましたが、腰痛は私の得意分野ですよ〜!と叫んでみる(笑)

レッドフラッグでなければ治らない腰痛はありません。
希望を持ってケアを継続しましょう。


AMCT&PCRT 横浜・腰痛治療 青柳カイロプラクティックセンター旧HP


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜・横浜市中区

posted by hyagi7 at 16:59| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

新PC来たる・・も、すぐに壊れる・・・

先日、新しいPCを購入しました。
HP社のタッチスマートという、一体型でタッチパネルもできるというスグレ物です。
CPUもI3で少し古いですが、私ごときには十分。
ソフマップで新品をアウトレットで安く売っていたので衝動買いしてしまいました。

昨日、少し時間があったので、ソフトをインストールしたり、少しいじっていたのですが、今朝になって立ち上がりません・・・。
サポートに電話してみたのですが、簡単には復旧せず、まだ買って日も浅いという事で購入時の状態に初期化してみることになりました。

一応、うまく行って現在は動いてますが、よく考えたら昨日、腰痛学会の発表用資料を仕上げてデスクトップに保存してあったのです〜。

またやりなおし・・・。
やりなおす気力が出ないので、今のままでいいか・・と思ったりしてます・・・。

タッチパネルカッコいいな〜と思って買ってしまいましたが、正直、使わない気がします。
それによってシステムが複雑化してるとすれば壊れやすい可能性も・・・。
あまり考えなしでしたね。
いらない機能はない方がいい典型でしょうか(笑)

PC選びは慎重に・・・。

AMCT&PCRT 横浜・腰痛治療 青柳カイロプラクティックセンター旧HP


慢性腰痛・難治な痛み治療専門カイロプラクティック/横浜・横浜市中区





posted by hyagi7 at 14:26| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

深津絵里さんに惚れ申した!

昨日は映画の日。
話題の『すてきな金縛り』を観てきました。

想像以上に面白く、またすてきな映画でとてもよい満足感を得られました。
何より素晴らしかったのが主演の深津絵里さん。

学生時代、ドラマばっかり見てた頃から数々の作品を観てきましたが、今回は特にとても素晴らしいと感じました。
天才女優という言葉は深津さんの為にあるのではないかと思いました。
演技も素晴らしいが、カワイイというか品があるというか華があるというか・・・。

ハッキリ言って惚れました(笑)

今まで、それほど興味はなかったですが、昨日を境にファンになりました。
機会があったら実際にお会いしてみたいものです。

ちなみにオフィスで私の使っているイスは映画『踊る大捜査線』で使用されたものです。
以前から私の中では深津絵里さんが座った事になってます(笑)

まだご覧になっていない方は是非、映画館へ足を運んでみて下さい。
私の中では久々の大ヒットです。
(先月観た『はやぶさ』も良かったです。男の子には見せたいです。)


posted by hyagi7 at 12:41| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする