2012年07月22日

第4回亘理町ボランティア

今日から、また仙台〜亘理へ行ってきます。
今回は松島観光も組み込んだため(笑)、26日木曜日までお休みとなります。

電話は通じると思いますが、予約表が無いためご予約は承れません。
また、27,28の両日は既に一杯で、緊急時以外は承れません。
(金曜日の望月外来は多少空きがあります)

ご不便をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。
楽しく活動してパワーアップしてきます。

posted by hyagi7 at 14:58| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

人間は本来、楽天的にできている

最近、若者のうつ病なんてのが流行っています。

しかも職場鬱とかいう、仕事に行くとうつ症状になり、家だと普通だそうで。
本人たちは辛いんでしょうが、正直言えば単なる甘えじゃないか、と腹立たしくも思います。
私も職場で虐められてパニック状態になっていた経験がありますから、しんどいといえばしんどいですが、仕事をやめるほどではないです。
というより、男なら鬱っぽいくらいで簡単にやめられるもんでもないんですよ、仕事というのは。
そういう責任感を持たせてこなかった教育もどうかと思いますが。

そういう方が「何としても働きたいから」と当センターに治療に来るなりするなら、多少納得もできますが、今のところそういう能動的な方は皆無です。
仕事をやめ、社会のせいにして働かず、生保になったり、ニートになったりしてるんですから、世も末です。
うちでケアされている、本当のうつ病の方にも失礼に感じます。

話が逸れましたが、本来、人間は楽天的な人しかないという説があります。
何十万年という歳月を生き抜いてきた人間はその過程で悲観的な人間は淘汰されて言っただろうという推論です。
だから鬱だろうが悲観的だろうがなんだろうが、ネガティブスイッチをポジティブに切り替えれば治るし、成功するという素養を誰でも持っているといいます。

確かにそのとおりで、本来ポジティブな素養を持つものであっても、現に悲観的で鬱々としたネガティブスイッチの入っている若い人間がいたとしたら、彼らはほとんど種を残すことはないでしょう。
通常、家庭を持つことなど叶いません。
そういう意味ではネガティブ遺伝子は淘汰され、長い年月かかればポジティブな人間しか残らないことになります。

人間はいつからでも変われるといいます。
「なんくるないさ〜」「ケセラセラ」「人間万事塞翁が馬」
私の好きな言葉です。
今ネガティブだなぁ〜と思う方も、本来は楽天的です。
楽天的感性を取り戻し、人生を成功したといえる様に楽しみましょう。


http://www.luckychiro.com/
posted by hyagi7 at 16:51| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

一人ぼっちの治療院

昨日・今日は一人ぼっちの治療院です。

思い返せば、最近、一人で仕事する事が殆どありませんでした。
国井先生、望月さん、リフレの方、受付の方・・・。
いつも誰か他の人間がいる状態でした。

数年前まではずっと一人でしたが、そのころに比べればだいぶ恵まれてますね〜。
感謝ですね〜。

なんだか一人が懐かしいですが、モノ寂しい気もします。
多少余裕があると、患者さんとやけに喋っちゃったりしてます(笑)

そんなこんなで一日終わりました〜。

posted by hyagi7 at 20:10| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする