2015年09月29日

神経学講座受講開始

かねてから勉強したいと思っていた臨床に役立つ神経学。

今月から月一回、勉強会に参加させて頂くことにしました。

カイロプラクティックは神経系の機能を回復させ、健康の一助となる治療法ですが、実際には神経系は難解で理解しきれていないことも多いです。

学びを得ることで、さらに治療家としてパワーアップする事間違いなし!と思います(笑)

さて、初回の今回はTND(トランスニューラルディジェネレーション)を学びました。

簡単に言うと、神経の変性によって神経活動ができなくなり、刺激を入れれば入れるほど細胞が死んでいくという、カイロプラクティックの天敵みたいな状態です。

めったにあることではないと思いますが、これを鑑別しないと、治療していること自体が悪影響だったりするのである意味では怖い話です。

一例、疑いのある患者さんの検査をしました。

準暗室(直接光は入らないが、隙間から入ってくる程度)にて、白色LEDペンライトを使用して、対光反射を検査。

患者は枕を入れた仰臥位で、まばたきはして構わないが、少し大きく目を開けてもらうように指示。

右・左の順に3分おきに3回チェック。

結果:右はほぼ正常 左は時々光に反応しないことがある感じ。

通常、瞳孔は光を当てれば一時的に閉まり、そこから徐々に開いてくるのですが、左目は光が当たっているのにほとんど閉じない瞬間があったり、反応が鈍かったりしています。

ちゃんと反応する時もありますから、確実にTNDと言えないですが、要経過観察です。


新たに色々とできることが増えそうです。

楽しみです^^。





けんこうカイロプラクティックセンター
新HP: http://ishikawacho-chiro.com/
旧HP: http://www.luckychiro.com/
一日一クリックで『けんこう』に!!




posted by hyagi7 at 11:48| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

アンフェア the end

最近分かったのですが、桜木町のワールドポーターズ内のイオンシネマが、月曜日サービスデーで1100円なのです。

午後休みの私にはちょうど良く、まずは初回、『アンフェアthe end』行ってきました。
(本当は『s』行きたかったんですが、時間合わず・・・。)

公開したばかりにしては会場は比較的小さく、150人も入らないかな?という感じ。

でもこんなもんですかね〜。色々な作品を細く長くやってくれた方がありがたいです。


さて、映画ですが・・・。

痛いですね〜。


篠原さんは素敵でしたが、それだけでしたね。

途中で話が見えてくるけど、だとすると流れ的に過去とのつじつまが合わない。

24の一作目を観たときと似たような感覚ですかね。

どこかで見たような話で、ハッキリ脚本がダメです。

ドラマと作者が変わったんですかね?

前作の映画も面白かったし、ドラマも今、見返してますがとても良かったのに・・・。


シリーズ最終作だそうですが、ちょっと残念でした。

次は『S』を・・・!!


けんこうカイロプラクティックセンター
新HP: http://ishikawacho-chiro.com/
旧HP: http://www.luckychiro.com/
一日一クリックで『けんこう』に!!






posted by hyagi7 at 10:28| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

青柳教授の大失態?!

今、司法試験問題漏えいで話題の青柳教授。

日ごろから(キレイな)女性に甘く、何とかしてあげたいと問題を漏洩した上、模範解答まで作ってしまって、受験生の答えが完璧過ぎて逆にバレたいう、あまりにもお粗末なお話。

同じ苗字ですし、美人に甘いのは他人事とは思えません(笑)

やってはならない事ですが、一方でお互いにもっとうまくやれよ〜、と心の中で叫んでいます。


司法試験ほどではないですが、一応、国家試験経験者の立場で言えば、問題漏洩っぽい話なんて日常茶飯事だと思います。

言わないだけで、うまくやってそういう情報で様々な試験に合格している美女もいることでしょう。

スパイは例外なく美女。美人はそれだけで得なのですよ(笑)
(この受験生が美人かどうかは知りませんが、恐らくお綺麗なはずです)


ひとつ、私の経験譚なぞ。

ご存知のとおり、私は診療放射線技師という医療系国家資格を持っています。

大学4年の後半はその試験に向けて、教師・学生一丸となって勉強をするわけです。

特に私の大学は新設校で、我々が一期生。

一期生の出来いかんによって学校の今後の人気が左右されますから、学校側もみんな必死です。

必死過ぎて、先日書いたような就職ハラスメントなんかもあったのですが・・・。

私は試験というのは合格する事だけが目的なので、手段はどうでも効率よくやりたいタイプです。

なので、国家試験はどうやって作られるのか、作り手の出したい問題は何か、必ず出る問題は?など、過去問や情報網から集めて、合理的に勉強してました。

国家試験問題はどうも学校単位で割り当てられて作られている様子。

もちろん、誰が・どの分野の・どんな問題を作っているかは、全く知らされませんが、教えてる教授連の中に作成にかかわっている人間がいるのは間違いないです。


ある時、補講が組まれました。

一定以上の成績の人間は出なくてもいい、という補講なのですが、友人が強制参加だったので付き合いで参加しました。

電気工学のある特定の計算問題だけ、しつこくしつこくやっていました。

確かに難しくはないですが、ちょっとした勘違いで間違ってしまう可能性のある問題です。

しかし、そこまでしつこくやるというのはちょっと異常だな?と思って『ああ、この先生が作って絶対出るんだな』と理解しました。


実際、ほとんど同じ問題が出ました(笑)


そこで終わらないのが、手抜きの達人(?)です。

他の大学や専門学校も絶対同じことやってるはずだ、とにらんで、各学校の卒業試験問題を手に入るだけ集めて、傾向と対策をしました。

当時はネットもそんなに盛んじゃなかったので、3校分しか集まらなかったですが、本番で出るわ出るわ(笑)

確か、某大学の卒業試験と全く同じ問題が3問。

本試験を受けながら、【そりゃナシだろ〜】と突っ込んだ覚えがあります。

過去問とは違うけど、各校の卒業試験ほぼ同じ問題も10〜15問くらいあったと思います。

おかげさまで勉強時間の割に、売るほど点数に余裕がある状態で合格しました。

きっと、各校の卒業試験を全部クリアしたら満点で受かるんじゃないですか?


どんな資格試験であれ、作り手がいるわけで、それを前提に対策を取るというのは、当たり前といえば当たり前。

作り手のモラルは問われますが、作り手を籠絡するのも受験生としては立派な試験対策だと私は思います。

今回は受験生の方が入れ込み過ぎだったようで・・・論述は完璧過ぎれば怪しまれるに決まっています。

もうちょっと余裕をもって臨めばよかったのにね・・・。

青柳さんも自業自得とはいえ、お気の毒です。


そんなこんなの昔話を思い出して、ニュースを見ています^^。


けんこうカイロプラクティックセンター
新HP: http://ishikawacho-chiro.com/
旧HP: http://www.luckychiro.com/
一日一クリックで『けんこう』に!!




posted by hyagi7 at 14:30| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

多汗症@若者

多汗症って、経験はないですが、人によっては辛い症状のようです。

更年期障害で急に出てくる症状はケアしたことがありましたが、若者は初めてでした。

患者さんは20代男性。

主訴は胃の痛みと身体のメンテナスだったんですが、『手汗と足汗がすごくて、学生時代机が錆びるんですよ〜』と明るく仰っていました。

確かに治療中も結構な汗。

主訴はすぐに改善したので、折角なので多汗症の治療をさせて頂きました。

治療法は企業秘密ですが(笑)、初回後すぐに改善はみられ、2回治療した後には1週間症状出ていないとの事。

『こんなにサラッサラな手は生まれて初めてかもしれません!』と喜んで頂きました(笑)

転居で遠方へ行ってしまわれるとの事で、最後になってしまうかもしれませんが、どこかでアクティベータを受けて頂ければ幸いです。

長年の多汗症。

ちゃんとケアすれば改善しますので、是非ご相談下さい^^。


けんこうカイロプラクティックセンター
新HP: http://ishikawacho-chiro.com/
旧HP: http://www.luckychiro.com/
一日一クリックで『けんこう』に!!





posted by hyagi7 at 12:02| Comment(0) | カイロプラクテイック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする