2018年05月10日

めまいの正体について

当院にはめまいでお困りの方がたくさん来られます。

そのうちおよそ9割の方はめまいが改善して、日常に復帰していきます。

多くの方が病院に行き、何がしかの診断を受け、納得する方も納得しない方もおられますが、めまいと付き合っています。



めまいの正体を考えたことがあるでしょうか?

なぜ、フラフラしたり、ぐるぐるしたりするのでしょう?

なぜ、疲れるとめまいが起きたり、気圧が変化するとめまいが起きたり、常にあるわけではなく環境によって変化するのでしょう?







それを考えるところから治療はスタートします。

このページをご覧の皆様は恐らくめまいにお困りか、めまいに興味のある方だと思います。

良く耳鼻科で診断される【良性発作性頭位めまい症】では、耳石がはがれて落ちたからめまいがする、と言われます。

確かに、耳石の位置が戻るとめまいが収まるので、ウソではありません。

でも、耳石って普通の方でもちょいちょい剥がれているんです。

なぜ今、今回に限って、変な所に落ちてめまいがするんでしょう?


たまたま?偶然?それとも必然?


そこにも治療のヒントが隠されています。


HPにも書いていますが、病院で診断される診断名に関わらず、身体のシステムから見た場合、めまいの原因は以下のいずれかです。

@後頭骨〜頸椎

A三半規管

B小脳

C○・○・○


それらのいずれかが異常を起こしているため、症状としてのめまいが起こるのです。

それらを検査し、調整することができれば、多くの場合めまいは改善します。

そのヒントを少しずつ書いていこうと思う今日この頃であります。



横浜イチの腰痛・めまい専門治療院!けんこうカイロプラクティックセンター
HP: http://ishikawacho-chiro.com/
   http://www.luckychiro.com/




posted by ミラクルヤン at 10:56| Comment(0) | めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする